2011年07月29日

外国人には理解不可能?「本音と建て前」

「本音と建前」を英語で説明(Ture intention and Enunciated principle)



☆Japan☆より

本音と建前 (Ture intention and Enunciated principle)


皆さんは外国人に「本音」と「建前」を使い分けていると、指摘を受けたことがありますか?

私自身どうかと考えてみると、指摘を受けたことはないような気がする。

しかし、「本音」と「建前」を使い分けたことがない、ということではありません。

むしろ良く使い分けている方だとも考えます。


おそらく「建前」を、あたかも「本音」のように振舞っていたから言われてことが

ないのだろうと思います。(なんせ気が小さいもので)

すこし話はかわりますが、外国人にこんな指摘をうけることは良くありました。

「多分」と言いすぎる。

気づいてないわけでは無かったのですが、ついつい口から出てきてしまいます。

これも気が小さいからでしょうか・・・

8割9割自信があっても「多分」とか「確かではないが」とかつけてしまう。

しかし、そのほとんどは正しい情報であり、嘘をついたことは無いと思う。

反対に嘘をつかれた経験はたくさんあるような気がします。

多分その人たちは、4割くらいの自信があれば、自信たっぷり言っているのでしょう。
(ここでも多分を使わせてください)


Honne Tatemae

Some foreigners criticize the Japanese for not expressing

their opinions snd for having double standards.


However, in the Japanese vertical society, where order is

maintained by giving priority to groups rather than

individuals, this is considered neccessary for survival.


The tactis of tatemae (enunciated principle) are often used in

order to solve problems efficiently without hurting

anyone,while pushing one's opinions too hard tends to be avoided.


日本人は自分の意見を持たない、2つの意見を使い分ける、などと外国人から批判を受けることがしばしばです。



「個人」よりも「集団」が優先されることによって秩序が守られている縦社会の日本では、



このほうが生き残りに必要だと考えられているのです。

相手を傷つけないで、効果的に物事を解決する方法としては、「建前」が使われ、

個人の意見を通すことは避けようとする傾向にあります。


ひらめきランキングへのご協力お願いしますひらめき
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 英語ブログへ      

posted by ☆Japan☆ at 15:00 | 日本語 Japanese Language | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

日本語の起源Origin of Japanese Language

日本.JPG
英語で日本語を説明する


Origin of Japanese Language


Linguists are not still sure about the origins of japanese language.



Although it shares many commom features with Korean, 


a relationship between the two languages has not yet been proven.



Some think it belongs to the Ural-Altaic language family,


like Turkish, but others say that it is similar to a Tamil language.



In terms of vocabulary, Japanese borrowed many words from China in ancient times,


while today many are taken from English.




日本語の起源 (日本語訳)



日本語の起源については、言語学者も未だはっきりとわかりません。



朝鮮語の多くと共通点がありますが、つながりについては証明されていません。



トルコ語のようなウラル・アルタイ語族に属するという人もいますが、


インドなどで使用されるタミール語との類似を指摘する人もいます。




日本語には古代に中国から多くの語が取り入れられましたが、


今日では英語からの借用語が増えています。





Japan☆より


せっかく「英語で日本を」ですので、初回は日本の言語について取り上げました。


こんなこと外国人に聞かれたことない!って言われる方も多いかと思いますが、


「どこの国の言葉と似てるの?」とかはありません??



言語学者さんたちには悪いですけど、私たち語学を勉強してる人たちには、


「日本語がどこから来た」とかそんなんことはどうでもいいかも。



ただ、スペイン語イタリア語みたいに、勉強しなくても理解しあえちゃう


くらい似てる言葉があれば大歓迎です!


なにせこんなに英語を勉強してても、共通点なさ過ぎて一から全部


覚えなきゃならないじゃないですか!!


自身韓国語も少しかじっていますが、語順は一緒だし、音読みする漢字なんかは


そっくりの単語がいくつもあります。




例えば、満足=マンジョク だったり 計算=ケサン 価値=カチなど


あげれば限がないほどです。


これだけ似てて繋がりがないなんて、わたし言わせません!!


学者さん、早く証明してくださいね^^



ひらめきランキングへのご協力お願いしますひらめき
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 英語ブログへ      

posted by ☆Japan☆ at 00:00 | 日本語 Japanese Language | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。