2010年03月27日

東京ってどうして「とうきょう」っていうの?由来を英語で説明


東京ってどうして「とうきょう」っていうの?由来を英語で説明

日本の地名・地方の名前の由来 東京・江戸

東京都 .JPG

☆Japan☆より

みなさんもご存知のように、明治に入るまでは「東京」は「江戸」だった

わけですが、東京という地名の由来をご存知でしょうか。

名古屋あたりをよく中部地方と言ったりしますが、日本地図

改めて見ると、東京が真ん中近くにあるのが良くわかります。



そういう意味では「東京」はやはり日本の中心なんだなって思います。

中心にあるのにも係わらず「東」という文字が付いているのは、

「京都」が昔の都で「西の都」、「江戸」を「東の都」というのが慣用だそうです。

東京都 マーク .JPG


1868年の明治維新までは「江戸」と呼ばれていたわけですが、

「江戸」とは「入り江」つまり東京湾の戸口だったため「江戸」という説と、

アイヌ語で「突き出たところ」を意味する言葉から来たという説があります。



1868年、西の京「京都」に対して“江戸を東の京とする”という詔書が出ました。

しかしこれは、地名を東京とするものではありませんでした。



ところが、それが慣用的に用いられるようになり、

いつの間にか「東京」となってしまいました。



東京の都市

銀座  新宿  渋谷  池袋  六本木    


東京・江戸の由来を英語で説明 Tokyo Edo

Until the Meiji Restoration of 1868, the city was known as Edo, a name

which combined the words for “inlet” and “door” to mean something

like “gateway to the bay” .


Another theory suggests that Edo comes from old Ainu word meaning

“place that sticks out" .


In any case, an imperial edict was issued at the time of Meiji Restoration

estanblishing Edo as the new “eastern capital” in contrast to Kyoto,

the ancient capital in the west.


The edict did not officially change the name of the city to Tokyo,

but popular usage soon did.


ひらめきランキングへのご協力お願いしますひらめき
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 英語ブログへ      

posted by ☆Japan☆ at 08:00 | 日本について Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。