2009年10月17日

白神山地を英語で説明すると


日本の世界遺産 白神山地を英語で説明すると。

白神山地.JPG



白神山地を英語で紹介 Shirakami Mountain Range 

秋田県と青森県にまたがる白神山地ブナ林は、

氷河期が終わった8000年前に誕生したと言われ、

その木の実は狩猟と採集に明け暮れていた縄文人の大切な食糧でした。

緑のダム」とも呼ばれるほどの保水力のあるブナの森には、

ツキノワグマニホンザルイヌワシなどの動物も数多く生息しています。


Shirakami Mountain Range 白神山地を英語で紹介 

It is said that the beech forests in the Shirakami mountain range

situated between Akita and Aomori prefectures were created

after the Ice Age, about 8,000 years ago.


The beech nuts found there were essential food for the Jomon people,

an early culture of Japanese aboriginal people,

who were engaged in hunting and gathering.

The beech forest, known for its power to retain water and

even referred to as the "Green Dam" , is the home of animals

such as Asiatic black bears, Japanese monkeys and golden eagles.
ひらめきランキングへのご協力お願いしますひらめき
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 英語ブログへ      

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。